脱毛

思っていたより恥ずかしくなかったVIO脱毛

海外のセレブの間ではVIO脱毛は常識、国内でもたくさんの芸能人やオシャレに敏感な人の間ではVIO脱毛は常識、という話を聞いて、
VIO脱毛に興味を持ちました。
それまでにワキやひざ下などを脱毛したことがあり、通っていた脱毛サロンでVIO脱毛をお願いすることにしました。
脱毛の痛みや、脱毛の進め方などは知っていましたが、VIO脱毛は場所が場所だけに、少し不安がありました。
ですが、説明を受けているうちに不安が取り除かれて、説明を受けた翌週からVIO脱毛を始めました。
Vゾーンは、仰向けでやや脚を広げて行いました。
これはまだ恥ずかしくなかったのですが、IゾーンとOゾーンは最初はかなり抵抗がありました。
特にOゾーンは、うつぶせで担当の方にお尻を突き出すような格好で脱毛を行っていくので、1回目のときはやめようかと思ったくらいです。
ですが、実際に脱毛を始めると、それまでにこやかに会話をしてくれていた担当の方が、無口でもくもくと事務的に作業をこなすように脱毛をしていくので、徐々に恥ずかしいという気持ちがなくなっていきました。
もちろん、痛みはないですか?など、必要最低限の会話はしますが、淡々と脱毛に専念してくれました。
そのような態度だったので、恥ずかしさがそれほど感じなくなり、今ではすっかりお任せ状態で脱毛も行っています。

 

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁